顔デカなあなたへ贈る。小顔=美人なんて考え方は日本だけ。

俺は顔がデカい。小学生の時から同級生達に言われ続けてきたから、今更自分で悲しくは思わない。

でも、一体どうした事だろう。冷静に考えてみてくれ。

顔がデカいから何が悪いって言うんだ。俺の事を顔デカって言うヤツらは、親を顔のデカい殺人鬼にでも殺されたって言うのか?

そうじゃない。

かねてより日本では、顔がデカい=ブサイク。それに対して小顔=美人・イケメンという考え方が根強い。

私のような顔のデカい人間にとって、この古くから伝わる日本人独特の価値観は、人生をほんの少しだけ閉塞的に、生きづらくしている、ような気がする。

今回は、現代日本に蔓延する「小顔=美人、顔デカ=悪」というガラパゴス的思想について分析していきたいと思う。

小顔=美人、顔がデカい=ブスは日本と韓国だけの概念

まず、イキってる最近の若者に言いたい事がある。

それは、小顔=美人・イケメン、顔デカ=ブサイクっていう概念は、日本とお隣の韓国だけのものだって事だ。

欧米やアジアの他の諸国においても、顔デカだからって指を指されたり、石を投げつけられたりはしない。俺は顔のデカさ故に日本から逃げ出して、海外を転々としていた頃があるが、海外で出会った人々は俺に対して「やーい、顔デカ!」などと揶揄する事はなかった。

これは一体どうした事だ、現代日本。なにがグローバリズムだ、なにが多様性だ、なにがダイバーシティだ。お前が顔デカを見つめる時、顔デカもお前を見つめているんだ。

何が言いたいかと言うと、顔がデカくて本当に困っている人は、海外で生活すると価値観が変わるかもしれない。

顔デカ=美人、小顔=ブスという価値観は存在しないのか?

ベトナムでは、顔、というか頭がデカい事はむしろ好印象をもたらす要素であるらしい。(俺のベトナム人彼女曰く)

頭がデカい=頭が良い、ということだ。

調べてみたところ、これに近い概念は海外では珍しくない様で、例えばカナダでは、顔(=頭)が小さい=脳ミソが少ないから馬鹿、という価値観が存在するらしい。

一見理に適っているように見えるこの考え方は、科学的にはあまり根拠がない話のようだ。

また、欧米には顔の小さい=美人であったり、顔がデカい=ブサイク、といった概念は存在しない。

顔のデカいイケメン VS 小顔のイケメンのどっちと付き合いたいか?

なんとあろうことか、マイナビウーマンが顔のデカい小さいでどっちが付き合いたいかを調査しているではないか。

Q.「顔の大きい美形」と「顔が小さい普通顔」の異性だったら、どちらとより付き合いたいですか?

顔の大きい美形……23.3%

顔の小さい普通顔……76.7%

■顔が大きい時点で美形ではない

・「大きい時点で美形のイメージない」(33歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「顔が大きい時点で美形ではないと思う」(35歳/その他/事務系専門職)

引用:マイナビウーマン

この結果、顔デカ族に非常に厳しい状況だと言わざるを得ないが希望を失ってはいけない。

しかし、顔がデカい時点で美形ではないなんてなんたる不届き者だ。時代が時代なら命を狙われてもおかしくないぞ。

顔がデカくても、それでも前を向いて歩いていこう

「顔 デカい」とかで検索して、このブログ記事に辿り着いてしまったアナタの顔がたとえどんなにデカくても、アナタはアナタの顔のデカさを愛し続ければ良いと思うんだ。

ちょっとくらい自己愛が強くたって良いじゃないか。笑いたいヤツには笑わせておけ。

ボクら顔デカが顔の小さいヤツらの苦しみを分からないのと同じで、ヤツらにも顔のデカい事の苦しみは分からないんだ。

そんな事を考えながら、俺は今日も前を向いて歩いていく。

人生は祭りだ。共に生きよう。

~おしまい~