タイのコーヒー豆、ドイチャン(Doi Chaang)を飲んでみた【感想レビュー】

ドイチャン(Doi Chaang)っていうコーヒー豆が最近話題でね...と近所にあるコーヒー店の店主が話しかけてきましてね。

タイで生産されているコーヒー豆だそうで、近年品質の向上に伴い海外への輸出も活発になってきているそうです。

今回は、この土井ちゃんならぬ(笑)、ドイチャン(Doi Chaang)コーヒー豆で出来たコーヒーを飲んでみたので、その感想とドイチャンについて紹介していきたいと思います。

タイのコーヒー豆、ドイチャンとは?

タイのチェンライ県にあるドイチャン村で生産されているドイチャンコーヒー豆。

ドイチャンコーヒー豆の栽培品種イエローブルボンはアラビカ種の豆になります。

苦味が強い為にインスタントコーヒーによく使われるロブスタ種とは違って、アラビカ種は飲みやすいので良いですね。

ちなみに、タイ北部とタイ南部ではコーヒー豆の栽培状況が大きく異なっていまして、タイ南部ではロブスタ種のコーヒー豆が、タイ北部ではアラビカ種が生産されています。

今回のドイチャンコーヒー豆はタイ北部のチェンライでの生産です。

タイ北部で生産されているドイチャンコーヒーやドイトンコーヒーといったブランドは、日本ではあまり流通していませんが、ヨーロッパでは品質の高いコーヒーとして既に評価されています。

生産量全体でいうと南部のロブスタ種栽培が大半を占めているのですが、前述の通り、ロブスタ種はインスタントコーヒーや缶コーヒーの原材料として使われる事が多く、単体で飲む事はあまり好まれていません。ベトナムコーヒーはロブスタ種の豆から出来たコーヒーに甘いミルクをたっぷりと入れます。そのようにしてアレンジしないと飲めないような物がロブスタ種の特徴ですね。

タイのコーヒー豆の歴史

元来タイの北部地方では、麻薬の原料であるケシの花の栽培が活発でした。ケシの花の栽培は、北部山岳地帯に住んでいる山岳民族の収入源になっていましたが、彼らもまた麻薬による健康被害によって苦しめられていました。

その状況を打開する為に、第9代タイ国王のラーマ9世が山岳民族を支援する為のプロジェクト「ロイヤルプロジェクト」を発足させました。それが40年程以前の話です。

ロイヤルプロジェクトとは、麻薬を栽培する代わりにコーヒー栽培や植林をする事で山岳地帯の環境の改善をしようという試みです。

特に、「故シーナカリン皇太后」が設立した「メーファルアン財団」によるチェンライ県ドイトゥン地域の植林プロジェクトは、皇太后自らの手で植林を行い、手厚い森林保護や山岳民族自立支援を行ったことで有名です。

タイ北部は標高の高さもあり、コーヒー栽培に適している環境である為、現在では質の高いアラビカ種のコーヒー豆が栽培出来るようになり、山岳民族の人々も健康的で豊かな生活を取り戻しました。

ドイチャンコーヒーを飲んだ感想をレビュー

コップに口を近づけた際、濃厚な香りを感じました。僕自身コーヒーが大好きで、自宅でもお店でも様々なコーヒーを飲んできましたが、ドイチャンコーヒーの香りには王道だけども個性的という印象を受けました。

一口飲んでみると、香りに感じた濃厚さ同様とても深いコクを感じます。酸味も苦味もあまりなく、どちらかというと甘みが強い印象ですね。甘み成分がフワッと口の中いっぱいに広がります。

 

いやー、かなり飲みやすかったです。ここまで濃厚なミルクのようなコーヒーってあまり飲んだ事が無いので新鮮でもありました。

試しに探してみた所、日本だとあんまり出回って無いみたいですね。楽天市場では購入出来るみたいなので気になる方はお試し下さい!